So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

アメリカ先物投資術:米国先物オプション トレード講座【宮元深磁】レビュー 実績 [アメリカ先物投資術]

日経225オプションだけで取引をしていたのでは、オプションの売買チャンスを見つけるのが難しいという事実。世界最大規模のオプション市場である「米国の先物オプション市場」で取引をしてみませんか。

日経225オプションの取引をしているけれど・・・・
しかし、一つの市場だけで取引をしていたのでは、オプションの売買チャンスを見つけるのが難しいという事実。
「もっと選択肢が多い市場でオプションを自由に売買したい。」
そう思ったら、世界最大規模のオプション市場である「米国の先物オプション市場」で取引をしてみませんか。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「米国先物オプション トレード講座」

株価指数、金利、通貨、商品といったあらゆる市場でオプションが活発に取引されている。
個人投資家でも、オンライン環境で簡単に取引が行える。
まさに、理想的なオプション市場がそこにはあります。

米国の先物オプション市場は、オプショントレーダーにとって最も魅力的なマーケットであると考えています。

それは次のような理由からです。
◆米国の先物オプションの魅力
世界一透明な市場である→ 株式市場のように、不正なインサイダー取引が介入する余地がない
世界一オプションの取引量が多い先物市場である→ 流動性が高く、取引を自由に行える
世界一選択肢が豊富な市場である→ 「ミニ取引」の普及により、小額資金の投資家から大口の投資家まで、幅広い投資家が取引を行える

これに対して、国内のオプション市場には次のような問題があります。
◆日本のオプション市場の現状
実質的に一つの市場(日経225オプション)しかない→ 有利な状況で取引できるチャンスが限られている
取引に必要な証拠金が多い→ 多くの投資資金が必要
取引可能な限月・権利行使価格が少ない→ オプションの売買戦略を自由に使えない

米国の先物市場では、あらゆる分野の「先物」が一つの市場としてまとまっています。
金先物、米国長期債権先物(T-Bond)、ユーロ通貨先物、またはダウ平均ミニといった多種多様な市場において、投資家は垣根なくオプションを取引することができるのです。
さらに、資金の安全性にもまったく問題はありません。
米国の先物・オプション市場には、80年以上前から「クリアリング・ハウス」という仕組みがあり、投資家の利益が最優先で保護されるようになっています。

■米国の先物・オプション市場の主な特徴
世界で最も活発な取引が行われている先物市場である→ 一日平均で約2,000万枚の先物・オプションが取引されています。
世界で最も大きな影響力を持つ先物市場である→ ニューヨークの原油価格が日本のガソリン価格を動かし、シカゴの小麦価格は日本の食卓にも影響しています。
世界で最も多くのオプションが取引されている先物市場である→ オプションが活発に取引されている市場が30以上もある。

米国の先物市場には、オプションが活発に取引されている市場だけでも30以上の市場があります。

■ オプションが活発に取引されている先物市場
S&P 500 Index(S&P500指数先物)
E-mini S&P 500(S&P500ミニ)
DJIA(ダウ工業平均先物)
DJIA mini(ダウ工業平均先物ミニ)
NASDAQ 100 mini(ナスダック 100ミニ)
Russell 2000 mini(ラッセル 2000ミニ)
T-Bond(米国長期債権30年物)
T-Note 10yr(米国中期債権10年物)
T-Note 5yr(米国中期債権5年物)
Eurodollar(ユーロドル)
Japanese Yen(日本円)
Euro FX(ユーロ通貨)
British Pond(英ポンド)
Canadian Dollar(カナダドル)
Australian Dollar(オーストラリアドル)
Swiss Franc(スイスフラン)
Live Cattle(生牛)
Feeder Cattle飼育牛)
Lean Hog(豚)
Corn(とうもろこし)
Soybean(大豆)
Soybean Meal(大豆ミール)
Soybean Oil(大豆オイル)
Wheat(小麦)
Gold(金)
Silver(銀)
High Grade Copper(銅)
Light Sweet Crude Oil(原油)
Natural Gas(天然ガス)
Heating Oil(灯油)
Gasoline(ガソリン)
Cocoa(ココア)
Coffee(コーヒー)
Cotton(綿)
FCOJ,Orange Juice(オレンジジュース)
Sugar(砂糖)

豊富な選択肢は、オプショントレーダーに次のようなメリットをもたらします。

◆米国の先物オプション 豊富な選択肢による3つのメリット
30以上の市場から、オプションの売買対象を自由に選ぶことができる。→ トレードの選択肢が豊富。売買チャンスを見つけやすい。
30以上の市場の中には、取引単位が小さいものから大きいものまで揃っている。→ 小額の資金から取引を始められる。 また、大口の取引も行える。
取引可能な権利行使価格、および限月が多い。→ オプションのスプレッド戦略を組みやすい。

ご興味がありましたら、さらに詳しい内容はこちらからご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「米国先物オプション トレード講座」



よろしければ、こちらの情報もご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
CFD取引:1つの口座でFX・日経225等を自動売買
日経225mini投資で資産1億円!日経225mini安定収入『ミリオントレード』
「ザ・集客」ネットビジネス初級者の壁である集客方法を完全網羅【池島大志】
海外投資:ニュージーランドの銀行口座開設・クレジットカード有効活用マニュアル
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。